浜寺石津校区 「餅つき大会」で住民交流!

浜寺石津校区では、まちづくり協議会主催による「地域ふれあい餅つき大会(世代間交流)」が2回に分け開催されました。第1回目は12月3日(土)に同校区西地域会館。第2回目は12月18日(日)に浜寺石津小学校でそれぞれ実施され、連合町会、福祉委員会、老人クラブ連合会、民生委員児童委員会、小学校PTA、連合こども会、石津太鼓仲連合会などが担い手となり参加されていました。

今回は、浜寺石津小学校で開催された12月18日(日)にお邪魔をさせて頂きました。当日は、晴天となり校区にお住いの子どもから高齢者まで幅広い年代の方が小学校に来られていました。

第一部は、老人クラブ連合会主催による「第30回ふれあいゲートボール大会」が8時30分から実施され、大人も子どもも番号が書いたゼッケンを身にまとい、笑顔があふれ楽しくプレーする姿が見受けられましたが、ボールを打つ時の表情は真剣そのものでした。
IMG_1648.jpg
IMG_1652.jpg
IMG_1645.jpg
IMG_1647.jpg


第二部は、「地域ふれあい餅つき大会(世代間交流)」で1100人の方が来られる事を想定し、スタッフ総動員で準備に取り組んでいました。

10時には受付が長蛇の列となり、受付をされた方には「おもち引換券」が手渡されました。その他、子ども達に楽しんでもらおうと「もちつく体験券」や「まるめる体験券」が用意され希望者に手渡されていました。
IMG_1688.jpg
IMG_1763.jpg


運動場では男性陣が中心となり、3つの杵と臼を用意し「ヨイショー!・ヨイショー!」のかけ声にあわせて、子どもたちも一緒に昔ながらのお餅つきを体験し、餅米からお餅になっていく様子を見て楽しんでいました。体育館の中では女性陣が中心となり体験希望者の子どもたちも加わり一緒にお餅を丸める姿がありました。
IMG_1661.jpg
IMG_1736.jpg
IMG_1667.jpg
IMG_1767.jpg
IMG_1771.jpg
IMG_1726.jpg


「きなこ餅」や「あんこ餅」などがパックに詰められ次から次へと手際よく出来上がり10時30分からお餅の引換が始まりました。
IMG_1749.jpg
IMG_1718.jpg

様々なアイデアと趣向をこらした「地域ふれあい餅つき大会」にはスタッフを含め約1100名の方が参加され地域住民が一体となり大盛況に終わりました。また、子どもたちには貴重な体験となったことでしょうね。スタッフの皆さんお疲れ様でした。

福泉校区「子育てサロンでメリークリスマス!」

12月16日(金)、10時から堺市立福泉公民館で開催された福泉校区福祉委員会の子育てひろば「いっしょにあそぼ」にお邪魔させて頂きました。

本日のプログラムは、「クリスマス会」で会場には大きなクリスマスツリーが展示され来られた方から順番にツリーの飾り付けを楽しんでいました。
DSCF6687.jpg
DSCF6618.jpg


10時30分になると来賓の紹介があり、同校区福祉委員会の上野福祉委員長から開会の挨拶がありました。
DSCF6629.jpg


初めに、クリスマスソング3曲を参加者全員で元気よく唄いました。
DSCF6634.jpg


次に、関係機関として参加しているあかつき幼稚園から「ラーメン体操」と「手遊び」。サンこども園からは、「歌」と「手遊び」。こども園くさべからは「手遊び」と「絵本の読み聞かせ」が披露されました。盛りだくさんの内容に子どもたちも大はしゃぎでした。
DSCF6648.jpg
DSCF6673.jpg
DSCF6680.jpg
DSCF6657.jpg


続いて、大きな袋を持ったサンタクロースの登場です。子どもたちひとり一人にプレゼントが配られ、子どもたちは大喜びで満面の笑顔となりました。
DSCF6693.jpg
DSCF6704.jpg


最後に、参加者全員で記念撮影をしました。
DSCF6712.jpg

本日の参加者は48組の親子に、同校区にある高齢者施設「パルハウスくさべ」の利用者さんの参加もあり、スタッフを含めると約140名の方が参加されました。
また、帰りには「ケーキ」と「ジュース」がお土産として手渡され、思い出いっぱいのクリスマス会となりました。年内の活動はこの日が最後で、次回は1月20日に実施されます。

障害者と高齢者の支援者が交流

平成28年12月14日(水)13:30より、障害者の支援機関で構成する「西区障害者自立支援協議会」と、高齢者の支援機関で構成する「西区高齢者関係者会議」の交流会を開催しました。
DSCF3236.jpg

両会議では日頃、西区における障害者支援・高齢者支援についての課題を話し合ったり、支援ケースの事例検討や学習会を行い支援者の資質向上等に取り組んでいます。

当交流会を開催するに至ったのは、両会議において、高齢者と障害がある子の世帯、障害サービスを利用されている方が65歳になられるケース、また障害がある子と介護が必要な親の両方をケアされている世帯など、高齢者支援と障害者支援の両方が必要なケースが多くあり、今後も障害者と高齢者の支援機関のより一層の連携が必要であるという両会議共通の声があがったからです。
両会議で話し合い、単年度で終わらせるのではなく、今後3ヵ年計画で両会議協働の取り組みを行っていくことになりました。

その第1回目として今回は「顔の見える関係づくり~お互いの視点を学び合おう~」というテーマで、グループワークを通じて高齢・障害様々な支援機関がどんなことをしているのか、また支援における視点の違いを学び合いました。

まず冒頭に、両会議の紹介を行い、それぞれの会議の構成や取り組みを学びました。
DSCF3240.jpg
DSCF3241.jpg


続いて交流会のメインとして、障害者支援の必要な方と高齢者支援の必要な方がいる世帯の事例を両会議から1事例ずつ出していただき、事例をもとにグループワークを行いました。今回は、事例検討で事例を深めることが目的ではなく、あくまで高齢者と障害者の支援者それぞれの視点を知ることに重点をおきました。
DSCF3242.jpg
DSCF3246.jpg

前半では、個人ワークで「気になること」「課題」を付箋に書き、自己紹介(所属、名前、日頃の業務)とともに各グループメンバーが模造紙に出していき、後半では、グループが支援チームだったら「どんな支援ができるか」をお互いの立場から話し合いました。お互いの日頃の業務を知ったり、視点の違いや共通点を体感しました。
DSCF3270.jpg
DSCF3274.jpg

最後に、各グループより、どんなメンバーのグループで特に重点的に話し合ったことを発表していただき、それを受けて事例提供者より事例のタネ明かしと感想を発表していただきました。
DSCF3289.jpg
DSCF3295.jpg
「高齢者側は介護サービスが必要と判断した場合には、本人の説得を試みてサービスの導入を行うことが多く、一方で障害者側は本人の意思が変わるまで寄り添うことが多い。」といった意見や、支援する期間の長さが障害者と高齢者では違うため支援の仕方も異なってくるといった意見が出ており、それぞれの支援の特性の違いを知る機会となったことがうかがえました。

普段は顔を合わせない人と交流ができたことも非常に有意義だったと思います。この交流を通じて今後の支援に1つでもいかせるものを持ち帰ってもらえていたら幸いです。

福泉上校区 年末の恒例行事「もちつき大会」!

福泉上校区では毎年12月に自治連合会をはじめとする各種団体あげての「もちつき大会」を行い、住民交流が行われています。

12月6日(日)の早朝より上鶏鳴会館前では、青年団・上保存会などの男性陣が蒸した餅米を臼に入れて力強く杵でついていました。その餅を婦人会などの女性陣が手際よく丸め、参加者に食べて頂く「きなこ餅」とお土産用の「白餅」が次々と出来上がり、会館へと運ばれていました。
IMG_1470.jpg
IMG_1475.jpg
IMG_1497.jpg
IMG_1483.jpg
IMG_1513.jpg


会館の中には、地域の高齢者から子育て中の親子まで、つきたての柔らかい餅を食べながら世間話に花を咲かせ交流を深めていました。
IMG_1561.jpg
IMG_1556.jpg
IMG_1558.jpg
IMG_1553.jpg


参加した子どもたちには恒例の「臼と杵を使ったもちつき体験」が行われ、青年団のお兄ちゃんたちが「ヨイショー! ヨイショー!」とかけ声にあわせて、子どもたちと一緒にお餅をついていました。
IMG_1538.jpg
IMG_1548.jpg

また、当日参加することが困難な高齢者の方々には、民生委員さんが自宅を訪問し「福祉餅」をお土産に、安否確認も行われました。

本日の参加者は、高齢者や子育ての親子などが約90名。スタッフを入れると総勢約190名の方が参加され、地域に密着したきめ細やかな福祉活動が展開されています。
福泉上校区福祉委員会のスタッフの皆さん本当にお疲れ様でした。

浜寺東校区 12月恒例の干支のちぎり絵づくり

毎月1日に開催されている浜寺東校区いきいきサロン。12月は「来年の干支」のちぎり絵づくりが恒例となっています。
地域会館には47名の高齢者が集まり、13時になると中野福祉委員長から挨拶と指導していただく先生の紹介がありました。
今回で11回目を迎え、指導して頂く佐々井先生からは「今年も12月になり干支のちぎり絵で、また皆さんとお会いすることができました。あと1回で一回りします。私も頑張りますので、皆さんも頑張りましょう。」と参加者に挨拶をされていました。
DSCF6347.jpg
DSCF6346.jpg


今年も、浜寺東ボランティアグループ「あじさい」のメンバーが事前に手ほどきを受け、高齢者の方々にちぎり絵づくりの先生役としてサポートされていました。
DSCF6364.jpg
DSCF6370.jpg
DSCF6378.jpg


この日の参加者はボランティアを含めると65名で、地域会館は満席状態となり各テーブルにボランティアが立ち、ゆっくりとしたペースですすみ14時30分になると完成された方々が出始めました。最後に出来上がった作品を手にポーズを決めて頂きました。自分で作った作品に皆さん満足されている様子でした。
DSCF6385.jpg

20161209151817_00001.jpg

今年も先生自ら作ってくださった作品を社協西区事務所に頂きました。
そして、来年はいよいよ12回目を迎えます。ボランティアグループ「あじさい」の皆さんお疲れ様でした。

年末恒例の浜寺校区クリスマスケーキ配食活動!

浜寺校区福祉委員会では毎年12月にクリスマスケーキをお届けし一人暮らし高齢者の安否確認活動を行っています。

12月1日(木)浜寺三光会館では、「浜寺校区在宅ボランティアグループ松の葉」のメンバーが早朝から、クリスマスケーキづくりに励んでいました。この催しは20年以上続いている年末恒例の行事とあり、手際よく無駄のない動きであっという間に昔懐かしいバタークリームを使用した84個のクリスマスケーキが完成しました。
DSCF6312.jpg
DSCF6315.jpg
DSCF6321.jpg
DSCF6333.jpg
DSCF6338.jpg


民生委員児童委員の皆さんが、11時に来られ出来上がったケーキをそれぞれ担当されている地域の高齢者宅を訪問し、安否確認が行われています。

こうしたきめ細やかなネットワークが高齢者の皆さんの安心な日々を支えているのでしょうね!スタッフの皆様、本当にご苦労さまでした。
プロフィール

西区マスコットキャラクター:ニッシーちゃん

Author:西区マスコットキャラクター:ニッシーちゃん
.
.
堺市社会福祉協議会
 西区事務所
  nishi@sakai-syakyo.net
  TEL:072-275-0255
  FAX:072-275-0266
  〒593-8324
  堺市西区鳳東町6丁600番地
  (西区役所内)

nishiku.jpg

<アクセス>
・JR阪和線「鳳駅」北東へ約700m
・南海バス「西区役所前」下車すぐ

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード